ローカルホスト19285アクティブスカイリモート天気

Localhost 19285は、HRHT-3002のP3D-Test-Router-Connection環境のルーターであるマシンlocalhostの一意の識別子です。 IPネットワークID(IP)19285は、メッセージシステムを含むSCL内のテストと通信に使用されます。このネットワークパケットの内容は、現在実行中であることを確認する以外に、接続されているシステム間のプロセス間通信に影響を与えない限り、通常は送信されません。

Active Sky 4は先日開始されたばかりで、ニーボードのActive 4 Webアプリを使用してアクセスできます(LorbyScratchpadのKneeboardEditorを使用)。

  • (ニーボードエディターのツールバーにある小さな地球儀を使用して)「http:// localhost:19285 /ActiveSkyRemoteWeather.html」へのリンクを追加します。
  • または、このコードをHTMLのどこかに追加します([HTMLの編集]ボタンを使用)。


挿入の展開:このコードをJavascriptに入力できます([HTMLの編集]ボタンは次の2つの場所の間に配置する必要があります):http://www.local.19285.skybluebirdforecasturl/ActiveWeather.html?steppathtext
ニーボード全体をカバーするために統合/統合します。このボタンはニーキャップを拡張して、Webページ全体をカバーできるようにします。
[コンテンツの追加]オプションの2番目の選択肢を選択すると、コンパニオンを同じリストに配置できるようになります(ニーボードエディターでサイズを調整できます)。

URLSim4を使用するには、シミュレータと同じマシン(「localhost」)でASP4を実行している必要があります。サーバー上にポート19285でリッスンしている他のマシンがある場合は、「localhost」の代わりにマシンのIPアドレスを入力し、ネットワークトラフィックがポート19285に流れることを許可していることを確認します。アクティブスカイウォッチングを試してきましたが、ニーボードからActive Sky 4 Web 4 Webアプリにアクセスできることがわかりました(LorbyScratchpadのKneeboardEditorを使用)。

ニーボードのグローバルナビゲーションバーにあるActiveWeather.htmlボタンを使用して、「http://127.0.0.1:19285/ActiveWeather.html」にショートカット(つまり、URLまたはボタン)を追加します。


[HTMLの編集]ボタンを使用して、次のURLをウィンドウに追加します:http:// yoursite:19285:ActiveWeather.html /
最初の選択肢を選択すると、ニーボード全体をカバーするウェブが開きます。


コンパニオンを開いたときに使用するには、フレームのあるページとないページの2つのオプションがあります(ニーボードエディターでサイズを調整できます)。

ページ。このURLは、SIMページ(「localhost」)と同じマシンでASP.NETが実行されていることを前提としています。他のコンピューターでは、IPアドレスを入力し、ローカルホストを離れるのではなく、ファイアウォールとNATのyourAppServiceで「ポートトラフィック」を有効にし、ポート19285へのトラフィックが有効になっていることを確認します。

ActiveSkyは、学生、教師、および従業員のスマートウォッチを監視するためのクラウドベースのシステムであり、スマートフォンを介して学生、教師、およびスタッフの情報にリモートアクセスできます。無料のソフトウェアはArduinoプラットフォームに基づいており、WindowsXPとMicrosoftWindows 10の両方で実行されます。Webコンパニオンシステム用のクラウドベースのアプリケーションは、Windowsアプリケーションと互換性があります。別の仮想マシンにインストールせずにブラウザで直接実行されるプログラム。

Localhost 19285は、HRHT-3002のP3D-Test-Router-Connection環境のルーターであるマシンlocalhostの一意の識別子です。 IPネットワークID(IP)19285は、メッセージシステムを含むSCL内のテストと通信に使用されます。このネットワークパケットの内容は、現在実行中であることを確認する以外に、接続されているシステム間のプロセス間通信に影響を与えない限り、通常は送信されません。

P3Dミッションが開始されると、ミッションのすべてのプレイヤーが同時に行うべきことの独自のリストを持っています。誰もが自分のタスク管理ボードを介して積極的に空を見ています。非常に迅速に行われるため、他の人がしていることを実際に追跡することはできませんが、同時に、ミッション全体で物事がどのように動いているかを理解でき、他のプレイヤーが何をする必要があるかについての洞察を得ることができます。同じタスクを何度も繰り返して時間を無駄にしないでください。


このNFT001ミッションボードのチュートリアルでは、プレイステーション4(PS4)で新しいActiveSky Webコンパニオンを使用して、P3Dでミッションをプレイしながらナビゲートする方法を説明します。これを行う方法は、例として既存のミッション(Ingram Processing)を使用し、Web Companionを使用してそこをナビゲートする方法を示しながら、ビルドのオプションとしてそれを利用できるいくつかの異なる方法を確認することです。将来のミッション(近日公開)。

jaJapanese