localhost接続が拒否されたことを解決する方法

ネットワーク接続の問題は、コンピューター ユーザーにとって非常にイライラすることがあります。ローカル ネットワーク上の 2 台のコンピューター間で接続を確立しようとしている場合でも、インターネットにアクセスしようとしている場合でも、ネットワークの問題は大きな頭痛の種になる可能性があります。ユーザーが経験する一般的な問題は、「ローカルホスト接続が拒否されました」 localhost URL にアクセスしようとするとエラーが発生します。このエラーは、同じマシンで実行されている Web サーバーにアクセスしようとすると発生することがあり、トラブルシューティングが困難な場合があります。このブログ投稿では、「localhost 接続が拒否されました」エラーの意味、考えられる理由、および修正方法について詳しく説明します。この情報は、ユーザーがエラーの原因を迅速に特定してトラブルシューティングするのに役立ち、できるだけ早くコンピューターとネットワークを使用できるようにします。

コンピューターのファイアウォールが接続をブロックしていないことを確認します

「localhost 接続が拒否されました」エラーのトラブルシューティングの最初のステップは、コンピューターのファイアウォールが接続をブロックしていないことを確認することです。ファイアウォールは、着信接続を許可または拒否するように構成できます。ローカルホストへの接続がブロックされている場合、それがエラーの原因である可能性があります。確認するには、コンピューターのファイアウォール設定を開き、着信接続に関連するルールまたはセクションを探します。これらのいずれかが接続をブロックしている場合は、接続を許可するように変更してみてください。

こちらもご覧ください  ローカルホストがビジュアル スタジオ コードの接続を拒否した

サーバーが正しいポートでリッスンしていることを確認します

拒否された localhost 接続を解決するための次のステップは、サーバーが正しいポートでリッスンしていることを確認することです。これを行うには、コマンド プロンプトを開き、コマンド「netstat -an」を実行します。このコマンドの出力には、リスニング ポートと関連するプログラムが表示されます。接続しようとしているポートがリストに含まれていて、正しいプログラムに関連付けられていることを確認してください。ポートがリストされていない場合は、サーバーがそのポートをリッスンしていないことを意味し、問題を解決するにはさらに手順を実行する必要があります。

サーバーのIPアドレスが正しいことを確認してください

サーバーの IP アドレスを確認することは、「localhost 接続が拒否されました」エラーを修正するための 3 番目のステップです。 IP アドレスが正しく、到達可能であることを確認してください。通常、この IP アドレスは localhost の IP アドレス (127.0.0.1) にする必要があります。リモート サーバーに接続している場合は、クライアント マシンからサーバーの IP アドレスにアクセスできることを確認してください。さらに、接続がファイアウォールによってブロックされていないことを確認するために、完全修飾ドメイン名を使用することをお勧めします。

正しいネットワーク カードが有効になっていることを確認する

ローカルホスト接続が拒否されました」エラーは、正しいネットワーク カードがオンになっていることを確認することです。これは、複数のネットワーク カードがインストールされている場合に特に重要です。両方を同時にアクティブにすると問題が発生する可能性があるためです。これを確認するには、Windows のデバイス マネージャーを使用して各カードのプロパティを調べ、localhost 接続用のカードがオンになっていることを確認します。そうでない場合は、有効にしてコンピューターを再起動します。

こちらもご覧ください  http://localhost:5774

サーバーのメモリが不足していないことを確認します

「localhost 接続が拒否されました」エラーを解決するための 5 番目のステップは、サーバーのメモリが不足していないことを確認することです。サーバーのメモリが不足している場合、プロセッサがビジー状態で新しい接続を受け付けられない可能性があります。サーバーのメモリ使用量を確認するには、コマンド ラインを使用して「free」コマンドを実行します。これにより、サーバーで使用可能なメモリの量が表示されます。すべてのメモリが使用されている場合は、サーバーを再起動するか、不要なアプリケーションを閉じてメモリを解放してみてください。

サーバーが過負荷になっていないことを確認する

サーバーがビジー状態かどうかを確認することは、localhost 接続拒否エラーを修正するための 6 番目のステップです。サーバーがビジー状態になると、クライアントからの要求にすばやく応答できなくなり、接続エラーやタイムアウトが発生する可能性があります。サーバーが過負荷になっているかどうかを確認するには、サーバーのタスク マネージャーで CPU 使用率とメモリ使用率が高いかどうかを調べます。サーバーが過負荷になり、CPU とメモリの使用率が通常よりも高い場合、これが接続拒否エラーの原因である可能性があります。

サーバーが正しいサービスを実行していることを確認します

トラブルシューティングの手順を試みる前に、接続しようとしているサーバーが正しいサービスを実行していることを確認する必要があります。サーバーの構成を調べて、必要なすべてのサービスが実行されていること、およびそれらが使用しているポートが開いていて、ファイアウォールによってブロックされていないことを確認してください。サーバーが適切なサービスを実行していない場合、接続を確立できません。別の問題として、サーバーが正しく構成されておらず、接続要求を受け入れていない可能性があります。サーバーの構成をチェックして、接続を成功させるために必要なすべての設定が整っていることを確認してください。

こちらもご覧ください  http://localhost/xampp

エラーまたは警告がないかサーバー ログ ファイルを確認します。

localhost 接続拒否を解決するための 8 番目の手順は、サーバー ログ ファイルでエラーや警告がないかどうかを確認することです。 Apache を使用している場合、ログ ファイルは Apache ログ ディレクトリにあります。ログ ファイルを開き、「localhost 接続が拒否されました」問題に関連している可能性のあるエラー メッセージを確認します。エラーや警告が表示された場合は、問題の原因を突き止めて修正してください。何が問題なのか分からない場合は、Web ホストまたはサーバー管理者に問い合わせる必要があるかもしれません。

結論として、「localhost 接続が拒否されました」エラーを解決することは難しいプロセスではありません。 Web サーバーの設定にアクセスし、ファイアウォールとウイルス対策の設定を確認し、プロキシを無効にし、サービスを再起動して、ホスト、ポート、およびプロトコルの設定を確認するだけです。これらの手順をすべて実行すると、「localhost 接続が拒否されました」というエラーをすばやく簡単に解決できるはずです。